極寒の地での郵便局員の仕事

南極の郵便局員のアルバイトがあるそうです。本当に変わったバイトだと思ったことと、南極に郵便局があったのだという驚きがありました。郵便局と言っても日本の郵便局ではなくどうやらイギリスの郵便局のようです。実際に求人も出ていたようですが、その求人には色々と条件がかかれていたようです。

南極はとても厳しい環境です。その環境の中でも生活をしていくことができるかどうか、ということに関していろいろと書かれているようなのですが、驚いたのは一か月間シャワーを浴びずとも生活ができるかどうか、という部分でした。お湯がないのか、環境に配慮しているからこそのお風呂なしなのかわからないのですが、北極なら寒すぎて汗もかかないからあまり臭ったりしないのかもしれません。あと、食事について。普通に仕事をしていても一人暮らしであれば自分が食べる食事の準備をすることは当たり前のことです。しかし、身体が疲れていたり寝不足が続いてやる気がしないときはコンビニで済ましたり、外で外食することもあります。ですが、南極という場所になると、買い物する場所がありません。そして、外食できるお店がありません。どんなに疲れていようが、どんなに寝不足だろうが食事の用意を自分でする必要があります。こういった内容も条件の一つに当てはまるのだそうです。そして、この厳しい環境の中で、普段通りの生活ができない中、ひと月にもらえる給料は日本円に換算して約20万円とのことです。これって、安すぎると思いませんか?確かに仕事内容は郵便局員さんと変わらないことです。しかし、環境が違いすぎます。この金額の倍額あっても高いなとは思わないと思います。あくまで、私の感覚ですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です